イスラム教過激派のテロリストがパリのルーブル美術館を襲撃した

 ちょうど今、新たなイスラム教過激派のテロリストが、パリのルーブル美術館を襲撃したところだ。観光客は非難した。フランスは再び危機にある。米国のように賢くなれ

ルーブル美術館近く 男が刃物で警備の兵士襲う テロか(NHK)

 ルーブル美術館の近くで、刃物を持った男が警備に当たっていた兵士に襲いかかったあと、別の兵士から発砲を受けて大けがをし、検察はテロの疑いがあると見て調べている。地元メディアは男がアラビア語で「神は偉大なり」と叫んでいたと伝えている。